フレンズ動物病院
Friends Animal Hospital
Contents
HOME
病院案内
診療案内
ホテル・トリミング
知っておきたいこと
最新情報
■診察■
AM9:00〜12:00
PM5:00〜7:00
■住所■
〒569-1029
大阪府高槻市
安岡寺町1-14-10
■お問合せ■
TEL:072-688-1646

最新情報
学会・セミナー参加報告
当院では、日々進歩し続ける動物医療を、常にアップデートし患者様へ最新の治療を提供できるようスタッフ一同精進を続けることをお約束します。その為、学会や講習会等へ積極的に参加しております。
2019年
3月 
   宮崎大学の金子先生にお越しいただき胆嚢に関する院内セミナーおよび肝臓の手術を実施 
        ペピィアカデミックフェスタに院長が出席
    膵炎の治療アップデートに多納獣医師が出席
2月 ロイヤルカナン社より講師を招き皮膚に関する院内セミナー
    外部講師によるPURINAの治療食に関する院内セミナー 
 
2018年
9月 麻酔外科学会地区講習会(消化器外科)に院長が出席(京都)
8月 大阪府大獣医臨床研友会の研究会に上村獣医師が出席(大阪) 
7月 West Japan Veterinary Forum(WJVF)に上村・多納獣医師が出席
5月 心エコー実習に上村獣医師が出席(奈良) 
3月 田村千賀:皮膚科コース(永田塾6回コース)修了(大阪)
2月 細胞診セミナーに上村獣医師が出席(京都) 
1月 腹腔鏡実技講習に院長が出席(東京) 
JAHA国際セミナー「インターベンショナルラジオロジー」に院長が出席(大阪) ドックマッサージコースに動物看護師大野が出席中(京都) 
 
2017年
12月 名古屋で行われた獣医麻酔外科学会に院長が参加しました。 
11月 大阪で行われた動物臨床医学会年次大会に院長含む獣医師2名が参加しました。  
7月 大阪で行われたWJVF(西日本獣医学フォーラム)に、獣医師・動物看護師計4名が参加しました。 
6月 大宮で行われた麻酔外科学会年次大会に参加しました。  
2月 横浜で行われた日本獣医内科学アカデミーに参加しました。 
スタッフ募集中♪

当院では現在、一緒に働いてくれるスタッフを募集しております。

ご興味のある方はまず一度お電話ください!

募集

@動物看護師 雇用形態:正社員

Aトリマー ⇒trimmer.jpの当院の求人をご覧ください! http://trimmer.jp/modules/job/index.php?mobilebid=317&local=detail.php&id=10718&limit=20&key=&query=&area=27&page=1  詳細はお電話でお問い合わせください。

よろしくお願いします。

 

より安全に、より確実に手術をするために

この度当院では、最新のオリンパス社の超音波凝固切開装置(SONICBEAT)を導入しました! 高槻では当院にのみ導入。(2018年1月現在)

【ところで超音波凝固切開装置って?】

聞きなれない言葉かもしれませんが、 この装置は手術の際に使用します。手術では外科用の糸を用いて血管等を結びます(結紮)が、この装置を使うと糸を用いずに止血することができます(無結紮手術) よって体内に残す異物をなくす事ができるのです。しかもより迅速で確実な手術が可能となりました。

 【体内に糸を残すとこんな事が起こりえます】

縫合糸反応性肉芽腫:縫合糸反応性肉芽腫とは、手術の際に使用された縫合糸が原因でおきる肉芽腫の事。近年、獣医系の学会などで多数症例報告があります。ミニチュアダックスフント、シーズー、チワワなど、どのような犬種でも起こりえる病気ですが、ミニチュアダックスでの発生が多いと言えます。手術の際に用いる糸は、どのような素材の縫合糸であっても生体にとっては「異物」ですので、用いないに越したことはありません。

また、当院が今回導入した超音波凝固切開装置は、電気メスの力を同時出力する事が可能です(THUNDERBEAT)これにより、より太い血管も確実に凝固切開(シーリング)する事ができます。あまり皆様の目の前に登場する機械ではないかもしれませんが、当院では皆様の大切な家族を、より早くより安全に手術できるよう取り組んでおります。 

小型犬に多い膝蓋骨の脱臼について

今回は小型犬に非常に多くみられる膝蓋骨内方脱臼についてのお話です。

当院では、膝蓋骨脱臼に罹患したワンちゃんが多く来院されます。 特に多い膝蓋骨内方脱臼は、膝蓋骨(膝のお皿)の内方(内側への)への脱臼で、トイプードルやポメラニアンなどの小型犬種に多く見られます。(注:小型犬だけの病気ではありません) 

この脱臼は軽度では、お家では症状を示さないことも多く気づきにくい事もあります。なのでワクチンなどで来院された際の触診で初めてわかる事も多い病気です。

痛みが出たり、後肢跛行(後ろ足のビッコ)がある場合には、治療が必要です。治療には内科治療や外科治療が選択されますが、その判断には一度レントゲン検査などで詳しく調べる必要があります。 愛犬の膝蓋骨脱臼でお悩みの方は、一度当院にご相談ください。

内視鏡検査・処置

当院では内視鏡を用いた検査・処置に力を入れています。 

消化管内異物の除去 消化管検査 腸炎や消化管腫瘍の際の生検 などが、身体にメスを入れる事無く実施可能です。  

内視鏡により動物たちの負担がより軽くなればうれしく思います。

内視鏡検査や処置などを希望される際は、ご相談ください。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
ページトップに戻る
Copyright(C) 2006 Friends Animal Hospital All rights reserved.